「A・RI・GA・TO」に掲載する

投稿作品・評論・研究等の

執筆に関する諸注意

 [投稿について(全作品種別に共通)]

  1.  (初出であること) 投稿する作品・評論・研究等(以下、単に「作品」とする)は、原則として、過去に紙媒体にて(不特定の人々に)頒布されたことがないものに限ります。ただし、再掲載となる場合でも、当該作品が絶版となっており、かつその再掲載が第三者の出版権を侵さないことを作者が保証する場合に限り、その旨を明記した上で掲載することがあります。
  2.  (投稿方法を守ってること) 投稿要項に沿った手段・媒体で投稿されなかった場合で、事前に編集側と合意がないケースに関しては、投稿が行われなかったものと見なすことがあります。
  3.  (受領年月日の扱い) 投稿を受け付けた場合は、受領した年月日および時刻を記録し、公表します。そのため、作品が創作された日は受領年月日(あるいは、掲載誌が最初に発行された年月日)である、と推定される場合があります。また、作者からの求めがあれば、その原稿の受領年月日及び発行年月日をBlue Windは証明します。ただし、その様式はBlue Windと予め協議することとします。
  4.  (紙媒体以外での発行への合意) 内容や量的な理由から、電子媒体での発行が望ましいと考えられる作品は、冊子体とは別に、電子的媒体により発行することがあります。よって、必ず紙媒体に掲載されるとは限りません。
  5.  (投稿に伴う著作権の委譲) 投稿により、投稿者は当該投稿作品を出版するのに必要な範囲の著作財産権をBlue Windに無償で与えるものとします。
  6.  (自分の投稿作品を別の場所で発行する場合) 投稿者が自らの作品を別の場所でも公開する場合も、Blue Wind側に連絡する必要はありませんが、できるだけ、転載先には初出誌とその号数を明記してください。ただし、Blue Wind発行物中の、当該作品の部分を(その方法を問わず)複製する場合は、事前の合意を必要とします。

 [研究・考察・評論以外の、創作的作品]

  1.  原著作より引用した場合は、出典を文末またはページ末に列挙すること。
  2.  原著作の挿し絵などを複製して創作的に加工した場合は、その出典を示すこと。
  3.  放送禁止用語と思しき語や、差別語と思しき語については、これらの語を用いる必要があると作者が考えた上であれば、投稿してくださって構いません。ただし、それらの語の一部または全部について、それらを用いた理由を、同じ掲載誌の作品外のスペースにおいて、明確かつ簡潔に説明することを掲載の条件とすることがある。(差別を題材とする作品を掲載することは全く差し支えありません。ただし、本誌は、差別について論じたり討論することを主な目的として発行しているものではないことに留意して下さい。)
  4.  絵的な性的描写の度合いについては、投稿者が「原作者に見せてもいいだろう」と考えるレベルまでとする。ただし、その度合いによっては、編集側の判断によって掲載しない場合もある。(ケシ・ぼかしを入れる場合は、投稿者が自ら行うこととする。投稿者が編集側に依頼することもできるが、その程度は編集側にゆだねることを前提とする。)

[評論]

 作品(村山由佳作品のみならず、これより派生したラジオドラマなどの二次的な作品を含む)を中心に論じていること。ただし、それ以外のジャンルについても新たに受け付ける場合があるので、協議してみてください。
 

[研究・考察]

 特に研究または考察に該当する投稿に際して、執筆上で注意していただきたい点を以下に示します。
 これらは、投稿される研究または考察が、読者にとって価値のある情報となるために必要な、最低限の事柄といえるものです。そして、誤った情報が含まれることを防ぐために必要なことです。
 
  1.  原著作(村山由佳先生による作品)の一部分について言及する場合で、章タイトル以下のレベルの一部分について述べようとするときは、その作品名と(シリーズもの場合は)巻次を示した上で、以下の注釈を付けること。
    1. (1)章については、章番号。
      (2)章に満たない一部分については、ページ。
  2.  原著作について言及する際には、必ず、ハードカバー・文庫本などの別に加え、版と刷を両方とも明らかにすること。(これは、村山先生が第1刷を発行した後も、少なからず刷ごとに修正を加えている作品が多いという事情があるため、別の刷を持つ読者を混乱させないために必要なことです。)
    1.  
      (1) そのための記述は次の通りとしますが、文頭などで明確にすれば足りることとします。
      「(作品名)[ハードカバー/○版○刷]」
      (2) なお、特定作品(複数の場合を含む)の、複数の版・刷どうしを比較する研究(本文研究など)については、この形式による必要はありません。
  3.  研究・考察の対象が、村山由佳作品のみならず、そこから派生したラジオドラマやファンによる活動全般であれば、その子細は問いません。

 

 以上の要項に沿うことが困難な形式での作品については、bluewind@itono.com までお問い合わせ下さい。