きまオレ新作映画のための泊りがけ日程のタイムテーブル (OperationKOR−1)

My time table on 1-2.Nov. , for the first day of the new KOR movie.

English text 1996年11月1日(金曜日) 1745 常磐高速バスにて、つくばセンター発 1905 上野駅着。 (山手線で秋葉原駅まで行き、中央線各駅停車で新宿駅。) 2000 中央口より出て右の方に進む。 2005 東映新宿パラス2に到着。6人程度の先着者を確認。 2010 社員の指示で同館の向かって右に併設しているアニメショップのシャッ  ター前にシートを敷いて3人で座る。以後、そこが翌0800ごろまでの  基本的な待機場所となる。 21頃  この当時で10人程度。 22頃  注文を取って、近くのローソンに行く。この当時で20人程。 22半ば 冷え込みが急に一段階進む。 23頃  この当時で40人前後。     1996年11月2日(土曜日) 0030頃 この当時で50人から60人程度。 0120頃 帰宅途中の東宝の男性社員2名が並んでいる自分たちに暖かい缶コー ヒーを自販機から買って配ってくれる。二人はタクシーで立ち去った。 02頃  小雨は0100から0200の間くらいからだったと思う。 03頃  なぜかこの時間帯に少なくとも10人程度が増えている。 04頃  看板業者が同館の左側の宣伝用看板をきまオレのものに差し替える。  立っている人が多くなり始める。 0440 すぐ前にある都営地下鉄新宿線の新宿3丁目駅のシャッターが開く。 0530 JRなどの鉄道が動き出したために、また少しずつ人が増えはじめる。 0550 この時点で80人以上がいたと思われる。  列が「L」字型から「コ」の字型への段階に移ったのは0550から0630の間  だと思われる。  (ACCB の常連、眞さんのACCB上での証言(97年9月16日)では、5時50分頃に来   たとき、既に80人程度が居て、眞さん自身はL字の最後あたりだったそうです。   ちなみに、眞さんも ひかるちゃんのセル画だったそうです。) 0600以降 急に人の集まりかたが早くなる。 0630 GENESIS D.P.Cの女性スタッフと思しき二人がComicOn Vol.2などパンフ(表からVol.2、同社のまどかグッズ(テレホンカード 3種とポスター2種、マウスパッド1種)のインターネット上の通販についてのお知 らせ、全体としての裏に表を向けてあるVol.1の順。) この頃すでに100人は突破していたことは間違いない。 07頃   人の列が同館の壁に沿って「コ」の字型になっていることを確認。 0730頃 ホールを東映パラス2から新宿東映劇場に変更する旨と舞台挨拶をする声優名を、   館内から硝子のドアに貼り付ける。 0810−30頃 東宝の社員が、先頭の位置を当日券売り場の向かって右側の自販機の手前   (の正面)に修正し、必要なだけ列の全体を後退させる。 0830  当日券(1800円と前売券より600円高い。)の購入希望者だけ列を離れて  当日券売り場で買うようにとの指示で、約20人ほどが並ぶ。実際には0845頃  にシャッターが開き、0848頃に売り出された。 0859  開門。先着100名限定のセル画を受け取って、すぐにホール内の前から3列目 中央から右に4席目(正面に対して左から1/4ほど、目線は舞台の床より10セン チほど高い程になる位置だった)に着席。 0900以降1040まで 館内BGMとしてシングルにある2曲、即ちAguaの歌う主題 歌「DAY DREAM」と挿入歌「DON’T BE AFRAID」を交互に流 すが、後者は必ず途中で止められる。  館内への案内としては「金田一少年の事件簿」の前売券とポスターについてと、来 年公開される「エヴァンゲリオン」(フルタイトルでは呼ばなかった)の11/23 に発売される全国限定2万枚のテレホンカード付きの前売券とそれにつづく2種類の セット型前売券についてのアナウンスがあった。 0910 セル画の見せ合いや比較も一段落し、セル画などの管理を知り合った友達に頼み、 ロビーに一冊400円の映画パンフレットを買いに行く。千円札と500円玉を出して 3冊買う。(終了後にまた一冊買うが、改めて記す) 0930頃 特に前4列に仮眠者が多い。左右後ろと左右真ん中ほどの行にまだ人はまばら。 1040−1225 <映画上映> 1225 <舞台挨拶>  まず日本テレビ・アナウンサー藤井恒久(土曜午後5時の「TVおじゃマンボウ」に 出演中)が舞台左より登場し、次に一人ずつ登場して自分のキャラクターについての感 想も少し交えた観客へのメッセージを述べた。順番は古谷徹、鶴ひろみ、原えりこの順。 次にアナウンサーによるインタビュー形式で舞台向かって右にいる古谷氏を最初に進め ていった。最後に一人ずつ、今後の抱負などときまオレへの支持をお願いする言葉を言 って終えた。(最後のところの原さんの分については、彼女が脚本などを行っている劇 が本日1615開演で300名収容の下北沢市市民文化ホール?(都市名以外について は記憶不確実)で行われる旨のお知らせがあった)    (テレビ版の初期の冒頭に流れていた「一つの出会いが....」で始まる詩を少しずつ 変えながら唱えていって、最後を「春日恭介19歳。やっと大人になれました。」とし て大爆笑を呼ぶ。これはおそらくこの舞台挨拶の名台詞として記憶されるだろう。 また舞台挨拶の最後のところでは、次回作では恭介に「アヘアヘ」言わせてあげたいと いった旨の問題発言?があったが、鶴・原の二人は「(恭介、または彼を演じる古谷に) 勝手に『アヘアヘ』言わせておきましょう」といった趣旨の発言で観客をまたも爆笑さ せた。これは古谷氏ら3人が実際にはとても仲が良く、テレビシリーズの撮影のあった 頃には2回も3人で旅行に行った、という他に類を見ないような事実を原が2番目のイ ンタビューのときに述べていたことから、これを「友情のムチ」?だと感じた人が多か ったせいだと思う。) 1250 <舞台挨拶終了> プリントクラブ(特定の映像に自分の映像を映し込み、それをシールにする機械。その 存在や名前は広く知られているとまでは言えないが、都会部の女子高生を中心に流行し ているようで、マスコミもかなりまれに取り上げていた。) 1340頃  都営地下鉄新宿線新宿3丁目駅の地下連絡通路で営団地下鉄丸の内線で新宿3丁  目駅に行き、そこから東京駅まで乗る。八重洲口連絡通路を通り、八重洲南口に至る。 1350 八重洲南口のファストフード店でハンバーガー180円とコカコーラのS140円を  注文する。 1400 つくば号の列に並ぶ 1415 東京駅発   1550 つくばセンター到着

My time table on 1-2.Nov. , for the first day of the new KOR movie.

Japanese text 1996.Nov.1(Fri) 20:10 Arrive to Shinjyuku Toei Gekijyou(includes Shinjyuku Toei Paras 2). 21:00 23:00 1996.Nov.2(Sat) 00:30 It began drizzling. 01:20 or 30 The 2 staffs of Toho on their way to home present us (waiting people) cans of hot coffee bought from the vending machines !! (There was no hot coffee in the vending machines around us after they left.) 03:00-04:00 I found the line (of people) reached to the second corner (= became L-sharped.) 05:50 06:30 2 women staffs of Genesis D.P.C (Digital Publishing Company/ president: Izumi Matsumoto) came to hand advertising leaflets of [Comic on Vol.2]. There were about 5 people seemed to be their fellow. 07:00 I found the line become U-sharped. 07:30 The staff of the theatre posted the notice. Its content is as following: 1. We decided to use the Shinjyuku Toei Gekijyou (theatre in Japn.) instead of the planned theatre. 2. T.Furuya , T.Tsuru and E.Hara is going to come to give audiences a greeting. (It is the first announce about the names of people who come to give greeting .) 08:48 The ticket window opened and about 20 people went buying the ticket sold on the day (1,800Yen / An advance ticket was sold in 1,200 Yen.) 09:00 The door of the theatre opened. I hand a ataff my ticket and got a [celu-ga](the picture on the celluloid) and get into the hall. By the way , the celu-ga I did get is [Hikaru in a swimsuit]. 09:00-10:40 The music in the hale were "DAY DREAM" and "DON'T BE AFRAID". 10:40-12:25 12:25-12:50 T.Furuya's words to be noted is : (In the last of reciting monologue of the begining of KOR on TV (="Hitotsu no deai ga ....") ) "Kasuga Kyousuke 19-sai . Yatto Otona ni naremasita !!" (Kasuga Kyousuke 19 year-old. Somehow I become a man / grown up.) The meaning is..... 1. [Somehow I could lost my virginity.](by having sex with Madoka.) 2. (I have been 18 year old for 5 years.) Almost all people must understand it in 1.